スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
いたならべ 続報
 特講で制作した板絵の展示「いたならべ」、続報です。だいぶ評判がよろしいようで、北海道新聞空知版とプレス空知にも扱っていただけて(左の日本画研ツイッターのリツイートを参照ください)来場者も多いようです。安部龍太郎氏著「等伯」(日本経済新聞出版社刊)が直木賞を受賞されたばかりというタイミングも手伝ったんでしょうかね。

いたならべ2

 もちろん長谷川等伯というビッグネームの図を借りているわけですから、学生の作品といえども惹き付ける力は大きいですよね。現代日本画というものの認知がまだまだの昨今、こういった古典作品が持つオーラをもっと研究しなければいけませんね。
 というわけで「いたならべ」展、10日(日)までです。お近くの方は是非お早めにご覧ください。
スポンサーサイト
【2013/02/07 22:27】 | 展覧会 | コメント(0) | page top↑
<<春は別れの季節・・・じゃない時もある | ホーム | 学生が展示します>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
eXTReMe Tracker
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。