スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
講評って
 やっと後期基礎終わりました、、長かった(本来なら2週ですむところが3週にまたがったので)。。

 今日は絵を仕上げて片付けて講評です。二十数名の作品を一枚ずつ見ていくので結構時間がかかります。とはいうものの数日で制作した作品に物を申すのはなかなか難しいものです(受験用絵画とは違いますからね)。特にこの基礎授業は、受講生が様々な目的をもって受けています。しかしこちらからは将来日本画分野に進みたいからとか、とにかく絵具を使ってみたかっただけとか、そういったことはわかりません。ですからどんなレベルでコメントをすれば良いのか、いつも悩んでしまいます。着任したばかりの頃に比べると、物言いは安定してきたと思っていますが、それでも毎回講評のあとは「ああ言えば良かったこう言うんじゃなかった」などと後悔の念にさいなまれます。

講評

 なので受講生の中にはあまりピンと来るコメントが得られなかったと思う人も多数いるでしょう。そういう人は2年生以降も日本画の授業をとってください。そうすれば「ああ、この人はそういうことが言いたいんだな」とうっすらわかってもらえると思いますので(笑。
スポンサーサイト
【2012/11/28 19:12】 | 授業 | コメント(0) | page top↑
<<特講終わりました | ホーム | 後期基礎2012>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
eXTReMe Tracker
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。