スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
「日本画」をどう考えるか
 前回、日本画という呼び名を日本の絵画の総称みたいにするのをやめませんか?と提示しました。今日はその内訳を簡単に説明、、、できるかな。。。

 最近なんとなく思うのは、日本画ってなんだろう?とか、どうあるべきなんだろう?という入り口から入って考えるとワケがわからなくなるのでは?ということです。何故かというとその答えはもうすでに出ているからです。答えといってもいくつかの定義であったりするわけではなく、いま僕たちの目の前にある日本画業界の現状のすべてがそれです。明治期からいままでの。でも僕にとってはあまりに膨大で、端的な言葉でそれを一括して表現することはできません。だから悩むのです。このことに関する文献や人の話を聞いても、「あぁ、それは言える」「うーんそういう見方もあるよねぇ」といった具合で、みんなそれぞれに一理あるんです。でもそれはあくまでも一理で、やっぱり一括してこれだ!っていうものはないのです。
 例えば村上隆さん(たびたび引き合いに出してしまって申し訳ありません)は、まず日本画業界の悪いところをピックアップして指摘しています。公募展や師弟関係の問題、市場の問題などなど。でもそれは、割と後期に起こってきた問題で、全体ではないと思うんです。僕の拙い想像では、日本画黎明期はとても良い時代だったのではないかと思うんです。日本が西洋の文化を急激に吸収して、あーだこーだ意見や作品がバンバン飛び交って。しかし時が経つとそれもだんだん二回目三回目になってマンネリ化してくる。これは、音楽や他の学問、すべての業界に言える事だと思いますが、なにか新しいムーブメントが起こるときってのは黎明期が一番面白くて、あとは衰退していく一方ですよね(何か盛り上がるようなことがあるとすればそれはまた別のムーブメントですよね)。あとはそれをどう維持していくかによって、そのムーブメントがどんな文化となって定着していくかってことだと思うんです。で、村上さんはその維持の仕方が悪かったと指摘されているのだと僕は理解しています。
 で、話は戻りますがやっぱり日本画とは何か?を導き出そうとすると悩んでしまうのです。悩んでばかりいては先に進まないので、考え方を変えてみようと思ったのです。それは、目の前にあるこの日本画業界を、容認しちゃうんです。良いも悪いも含めて。全部受け入れちゃう。つまり、明治期からいままでの分をとりあえず「日本画」というジャンルとして考えるんです。「当たり前だろ!そんな事を言うためにこんな前置きを読ませたのか!バカ!」というお叱りを受ける事必至ですが、もうちょっと付き合ってください。

 では、また。つづきます。
スポンサーサイト
【2011/07/21 17:25】 | 「日本画」について | コメント(0) | page top↑
<<受け入れるということ | ホーム | たまには論じるようなことも>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
eXTReMe Tracker
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。