スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
新生いわならべ展
 だいぶご無沙汰しているうちに年も変わってしまいました。。

 さて、今年も恒例の研究室展<いわならべ>が始まりました。10年近くお世話になっていた札幌時計台ギャラリーが閉館されてしまったため、今回から札幌駅北口のギャラリーエッセに会場を移しました。学生・OBたちは心機一転新たな気持ちで臨んでいることと思います。

いわならべ2017

 前までのギャラリーと大きく違う点は、天井高と自然光ですね。今回、4年生が150号の卒業制作を出品してくれたのですが、余裕の天井高のおかげで、少し小さく見えるほどです。通りに面した大きな窓からの光で、色味も自然に感じます。全体的には日本画の展示に向いたギャラリーだと感じました。

 今回の出品者数は19名で、丁寧で優しく落ち着いた作品が多い印象です。ぜひたくさんの方々にご鑑賞いただければと思います。

いわならべ2017
スポンサーサイト
【2017/03/14 18:05】 | 展覧会 | コメント(0) | page top↑
3年生二人展(i-BOX)
 学生展覧会の紹介です。紹介といっても本日が最終日だったので、記録みたいなものです(反省)。今回は、3年生の川原田さんと後藤さん(この学年はこの2名だけなのです)の、毎度おなじみ岩見沢駅舎内i-BOXでの展示です。

2016 3年生二人展

 展示作品は、会場であるi-BOXのサイズにちょうど良い大きさで、完成度も高めで良かったのではないかと思います。

2016 3年生二人展

 ↑この画像で大きく見える4枚作品の2枚目と4枚目の作品は、今年から3年生の授業課題とした「北海道の風俗画」というテーマで描かれたものです。2枚目は雪虫を、4枚目はアイヌ紋様をモチーフとしています。一見普通の人物画ですが、北海道の人にはなんとなくピンと来るような、面白い仕上がりになっていると思います。
 今回の展示、動員数も多かったと聞きました。この学年は2名という少なさですが、実力は高いと思いますので、これからの展示もご注目いただければ幸いです。
【2016/09/13 15:48】 | 展覧会 | コメント(0) | page top↑
10年目のごあいさつ
 年度が変わってだいぶ経ってしまいまして、もう6月半ばです。歳を重ねるにつれて時の流れがどんどん速く感じるようになりました。ついこの前、正月だったのに、誕生日を過ぎてもう1年が半分終わろうとしてるんですよ。恐ろしいことです。平均寿命まで生きられたとしても、僕の残り時間はそんなに無い気がしてきます。
 そんなことについ気を取られてしまうのは、なんとこの4月(だいぶ過ぎましたけど)をもってこの日本画研究室誕生から丸10年が経ったからなのです。

 思い返してみますと、その10年の間いろいろな事がありました。ほとんど何にも無い状態(所属学生もいない)からスタートして、研究室は3回引っ越して、3年目くらいに実習室が固有のものになって、、、(中略)、、、新学科になって、今年で7期の卒業生を輩出しました。大学の研究室としては、ようやくフツーな感じに成長してきた感があります。

 しかし、自分自身のみの事を考えると、この10年で何が変わったのかあまりよくわかりません。数年前に職名が講師から准教授に変わったくらいで、あとは10個歳をとったことぐらいしか思い浮かびません。10年経ったからといって、何かが大きく変わらなきゃいけないわけではないのですが、自分自身で変化を認められないのは少々悲しい気もします。というのも、僕が大学の教員になる前の10年が、非常に変化に富んだものだったせいもあるでしょう。大学を出て、小さな絵画教室のアルバイトからはじまって、ワラシベ長者のように段々と職を変え、そして北海道へ、という劇的な展開がありました。今思えばそんな生活が楽しかったといえばそうですが、同時に不安も大きかったです。逆に言えばこの北海道の10年間は、とても安定したものであったということでもあります。ただ、その安定が僕のチャレンジングな精神を少し削ぐような働きをしているのかもしれません。悪く言うとアグラをかきはじめた、みたいな。少々感じる悲しさは、そんな自分への反省からかもしれません。

10年目

 次の10年が経ったとき、僕はなにを思うのでしょうか。何にも変わらないけど満足だ!が理想かな。ではでは。
【2016/06/15 18:53】 | 普通に日記。 | コメント(0) | page top↑
特講終わりました
 冬の始まる頃に定例となっていた日本画特講ですが、今年度は春休みに入ってからになりました。本日4日目最終日の報告です。
 今年度の特講は、仮張り作り。今回はなんと4尺×8尺の大物を作りました。これだと例えば襖絵や軸物はもちろん、みんなで裏打ちをするときなどに大活躍することが期待できます。

↓大きいので画像におさまりきってません(笑
特講2016
 
 いままでは個人用の小さいものばかりでしたので、やはりこのくらい大きいものになると製作のノウハウもちょっと違ってきて、授業を見慣れている僕的にもとても勉強になりました。出来上がったこの仮張りは末永くこの研究室で大事に使っていきたいと思います。
【2016/02/16 19:35】 | 授業 | コメント(0) | page top↑
院生の展覧会です
 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

 年明け早々、大学院2年生の佐藤佳奈子さんが i-BOX で展示をしています。佐藤さんはこれで2回目?3回目かな?積極的に岩見沢での発表を重ねています。

i-BOX展示

 今回は展覧会名を「いろどり」と称して鳥をモチーフにした作品をメインに展示しています。僕が観るとどれが過去作でどれが新作か判ってしまうのですが、新作の方が丁寧さが増して、表現も整理されてきていることを感じます。佐藤さんは3年間の特別プログラム院生なので、もう1年間在学しますが、修了制作までまたどれだけ成長をみせてくれるのか楽しみです。展示は2月3日(水)まで、お近くの方は是非ご高覧ください。
【2016/01/21 12:31】 | 展覧会 | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
eXTReMe Tracker
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。